群馬県高山村 組織でさがす 出来事でさがす
トップページ 届出・証明 健康・医療 税金・年金 産業 村政情報 学ぶ・楽しむ 観光案内
前のページにもどる
胃がん検診


対象者
40歳以上で自覚症状のない方
(既往のある人、治療中、経過観察中の方は、かかりつけ医にご相談ください。)

検診内容
問診、胃部X線直接(バリウム造影)撮影

検診料金
1,000円 (クーポン対象者は無料)

集団検診の日程
PDF集団健診予定表と個別特定健診実施医療機関(PDF:242KB)

注意事項
食事 検査前日の夕食などは、夜9時頃までに済ませてください。
飲水は当日検査開始の3時間前までにコップ1杯(180ml)程度の水や白湯なら差し支えありませんが、お茶、コーヒー、牛乳は避けてください。
喫煙は控えてください。
糖尿病の方は、受診前は薬の服用やインスリン注射はしないでください。(低血糖になる危険があります。)
心臓・高血圧の方は、薬は検査開始3時間前までに180ml以内の水や白湯でお飲みください。
※薬の服用等については、かかりつけ医にお問い合せください。
服装 ボタン、ファスナー、金具のない無地のシャツ、ウエストがゴムのズボンを着用しておいてください。
アクセサリー類、時計、眼鏡や湿布薬ははずしてください。

次の方は検査を受けられません。
朝起きてから食べたり、飲んだりしてきた。
バリウム製剤に対し、過敏症(じんましん、息苦しさ、手足が冷たくなるなど)の既往歴がある。
過去にバリウムを飲んで便秘になり、病院や医院を受診したことがある。
妊娠中又は妊娠の可能性がある。
慢性呼吸器疾患で常時、酸素吸入をしている。
過去1年以内に、心臓病、脳梗塞やくも膜下出血などで手術を受けた。
胃や腸の開腹手術または腸閉塞をしてから、バリウム検査は初めて行う。
大腸憩室症や大腸炎にかかったことがある、また腹痛、下血がある。
3か月以内に大腸ポリープを切除した。
バリウムを飲んで気管支にバリウムが入った(誤嚥)ことがある。
普段から飲みこみづらかったり、むせやすい。
からだが不自由で、寝返りなど寝台の上で指示どおり動けない。
体重が130㎏以上ある。
高血圧(180mmHg以上)である。

次の方は主治医の許可が必要
体調がすぐれなかったり、また風邪などをひいている。
胃腸の病気で現在、経過観察中または治療中である。
肝臓・胆嚢・膵臓・婦人科等の手術(腹腔鏡下手術含む)をして6か月以内、または経過観察中・治療中である。

検査順序
1 受付、問診を受け、緩下剤をもらう。(問診票は事前に記入しましょう。)
2 バスに乗り、発泡剤とバリウムを飲む。
3 撮影台に乗り、体を左右に動かしたり回転したり、頭部を下げて写真を撮る。
4 検査終了後、ゲップをして胃の中の空気を出す。緩下剤とコップ3杯以上の水を飲む。便秘予防のため、水分・野菜や果物などを多めに摂ってください。

お問い合わせ先
高山村保健福祉センター 電話:0279-63-1311
受付時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日・休日・年末年始を除く)


このページの担当
高山村役場 保健みらい課 電話:0279-63-1311
ページの先頭へ前のページにもどる
高山村役場地域振興課  〒377-0792 群馬県吾妻郡高山村大字中山2856-1 役場へのアクセス 
 代表電話:0279-63-2111 代表FAX:0279-63-2768 
(C) 1998 群馬県高山村.